忍者ブログ
◆『恋愛遊牧民G/恋愛遊牧民R+』『ファンタジー・サーチ』管理人運営ブログです。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
管理人:砥子
性別:
非公開
バーコード
いつも「恋愛遊牧民R+」「恋愛遊牧民G」「ファンタジー・サーチ」を、ご利用頂きありがとうございます。

ショップでのカスタマイズとして、「前かご」と「サークル錠」をお願いしたのですが、スーパーでの食材を入れるのがメイン使用となるので、出来れば学生用自転車に付属しているようなガッツリ丈夫なものが希望。
ショップの店先にブリジストンのアルベルトが展示してあり、その「前かご」が理想的な大きさと丈夫さだったので、オーナーに申告すると「規格が合わないので本当は難しいのですが、取り付け部品を組み合わせればなんとか行けます。」と、頼もしい返事。
この辺が通販には無い地元ショップの強み。
サークル錠は、シルバーのものをという事で、色のみ指定。
後はお任せしました。

それで、カゴはこんな↓のが付いて来ました。


サークル錠は、こんなやつ↓です。


ここで、偶然にも息子の卒業記念に家族旅行で東京へ。
で、直接の通販が無いビアンキのお店に行ってみたい欲が出まして、一番実現が可能な場所の外神田店へ。
JR秋葉原駅から、それほど遠くない場所でした。
折角だからと、「ペダル」「ステッカー」「ワイヤーロック」を購入しました。
正規品を使用する事で、「なんちゃってカスタマイズ」から、「本物カスタマイズ」にランクアップです。




ちなみに、「ペダル¥3.000」「ステッカー1枚¥1.000」「ワイヤーロック・ダイヤル¥3.000」(税抜き価格)でした。

PR
いつも「恋愛遊牧民R+」「恋愛遊牧民G」「ファンタジー・サーチ」を、ご利用頂きありがとうございます。

自転車のカスタマイズなんて初めての事なので、どうしていいのか…。
先人たちの苦労をブログで拝読してみました。
やっぱり、大切なのは「安全」に配慮する事。
自転車って意外と事故率が高いんです。そして、ママチャリは怪我率も高い。
ママチャリ乗るのにプロテクターやヘルメット装着という方は、まず無いですもんね。
昨今は、自転車が加害者側になる事故も増えてきているようですが、圧倒的に被害者側が多いとの事。
だったら、車や歩行者に存在を認識してもらう事が重要です。
特に夜。
フロントとリアのライトは必須です。
で、そこはカスタマイズも意識して、チェレステ・カラー(イタリア語で碧空・天空)を活かす為、使用するのは、チェレステ・白・シルバーの3色以内にしようと考えて選択しました。
フロントはこちら↓
リアはこちら↓
折角だからビアンキ(Bianchi)のアクセサリーから選択。
走っていないと点灯しないダイナモ・ライトは選択外、押し歩き時や停車した時が危ないです。
これで、前後は安心。
サイド方向には、こちら↓
「ホワイト」を選択。
前後のライトも少しは見えるはずですし、ホイール・スポークのリフレクターは、結構光るので横方向はこれで十分なはず。

これでライトとリフレクターはOK。


続く
いつも「恋愛遊牧民R+」「恋愛遊牧民G」「ファンタジー・サーチ」を、ご利用頂きありがとうございます。

前回記事で、ビアンキ・プリマヴェーラ付属していない部品として「リアライト(リフレクター)」「スタンド」を挙げていましたが、一応、リフレクター(反射板)とサイドのキックスタンドは付いていました。
訂正しておきますね。
私もネット掲載された写真(内覧会のもの)でしか確認していなかったのです。
ごめんなさい。

で、12月の下旬に『入荷しました。』とお電話をもらいました。
しかし、季節は冬。
2014年は12月の初旬に大雪が降ったので、もう自転車には乗れない季節になっていました。
学生の頃は、どんなに雪が降っても自転車で通学していたのですが、今は、そんな事は出来ません。
『雪解けまで、箱に入れたままお預かりしておきます。』
という、自転車店オーナーに甘えて、雪解けを待つことにしました。

そして、3月。
まだ雪が残る頃に、お店に出向き組み立てたビアンキ・プリマヴェーラを確認しました。
カスタム前の状態の写真が無いので、こちら↑を参照してください。
この楽天市場に掲載されている価格は、定価よりも1万円ほどお安いのですが、それは今後のアフターケアがない事と、自転車防犯登録と手数料(500円位)が自己負担という事での手間代が引かれています。
自転車はネットでも買えますが、その場合は防犯登録の手続きを忘れないようにしないといけません。
防犯登録は、法律により義務化されていますので、登録しないと、法律違反になります。
あと、自転車が盗難にあって見つかった場合でも、自分が持ち主だという証明が出来ません。
それと、登録シールを貼ってない自転車は、盗難品だと疑われる事もあります。


ここから、現状の愛車になるまでのお話は次回。

いつも「恋愛遊牧民R+」「恋愛遊牧民G」「ファンタジー・サーチ」を、ご利用頂きありがとうございます。

日本車のママチャリと言うと、ベル/フロントライト/リアライト(リフレクター)/カゴ/スタンド/カギ などは、標準装備で付いてて当たり前ですが、外車の自転車だとそうでもないのです。
私が注文したビアンキのプリマヴェーラには、キックスタンド以外は何も付いていません。
スーパーへ買い物がメイン使用となるので、カゴは必須です。
出来れば、通学用自転車のカゴくらい丈夫で大きいものが希望。
あと、サークル錠(後輪についている鍵)も欲しい。
ワイヤーやチェーンのカギと違い、太いし施錠が楽ですからね。
ショップオーナーに相談すると、『取り付けできます。』と請け負ってもらえました。
結果、受け渡し前に、カゴとサークル錠の取り付けを、オーダーしました。

それから、忘れてならないのが「ポンプ」。
空気を入れる為のものですが、タイヤの金具が日本製とは違う為、専用のポンプが必要です。
自転車で空気入れなしで使用と言うのは、有り得ませんよね。
これも必要と言うわけで、購入する事になりました。
『標準の国産自転車を購入する事を考えれば、およそ2倍のお金がかかります。ホームセンターで売っている自転車と比べると、3~4倍かも知れないです。』
と、オーナーの弁。
本体が定価で¥6.8040(税込)ですからね、それに カゴ+前後のライト+ベル+カギ+ポンプ+スタンド などを好きなもので取り付け始めると、約10万円かかる事になります。
ママチャリとしては、ぜいたく品ですね。


続く


いつも「恋愛遊牧民R+」「恋愛遊牧民G」「ファンタジー・サーチ」を、ご利用頂きありがとうございます。

そこで、ネットを利用して、自転車屋さんのブログとかサイクリストさんのブログや買い方講座なんかを、読みました。
で、分かったのは、次の年に売られる新車発表会があるのは、前年の7月~8月らしいのです。
ビアンキは、7月の中旬に来年発売のモデル展示会があるとの事。
もちろん、東京で招待者限定です。
でも、その人たちがネットに写真を掲載してくれたりして、モデルチェンジがあれば、分かります。
7月に注文を出しても、輸入されるのは12月頃だそうです。
だから、大手の自転車屋さんは、注文+売れそうな数を予約するのだとか…。
モデルチェンジしたバイクは、人気が出やすいので、予約しておかないと入手困難となるそうです。
春から初夏にかけての入学・進学シーズンで、自転車が売れる頃になると、ビアンキ難民が出る事もあるとか…。
全世界に向けて販売しているので、輸入には台数にも限りがあるそうです。
こんな田舎の事なので、もちろん予約をしなくては、入手できないです。

そんな訳で、7月下旬にビアンキ・プリマヴェーラ、色はチェレステを、予約しました。
「輸入は年末です。」
お店のオーナーに言われて、「待ちます。」と返事をした私です。


続く


いつも「恋愛遊牧民R+」「恋愛遊牧民G」「ファンタジー・サーチ」を、ご利用頂きありがとうございます。

ネットで調べてみると、「ビアンキ」には公式HPがありました。
ちゃんと「バイク」に「アーバン」もあります。
国内メーカーの様に、車種や色も揃っているようです。
これなら、大丈夫。
地方の田舎街の事ですから無いとは思いつつも、「ディーラー」のカテゴリで在住県を探してみました。
おぉ!なんと!ショップリストの中に、家から車で30分の所に正規ディーラーがあるじゃありませんか。
そこで頼もう。
でも、欲しい車種や色は決めて行った方がいいだろうと思いカタログページを見ていると、相方が後ろから助言してくれました。
「先ず、泥除けとチェーンカバーは必要だな。スタンドやカゴは無くてもいいし、後からいくらでも付けられるけど、泥除けとチェーンカバーが無いと、晴れて渇いた道路しか乗れないよ。」
言われてカタログを見ると、確かに泥よけやチェーンカバーの無い車種もあります。
という事で、車種は2種類から選ぶことに。
これは、自転車屋さんに相談しよう。
そして、色は「ビアンキ」と言ったら代名詞になる「チェレステ」というイタリアの冬の晴天の色。
これしかないでしょ。


つづく
いつも「恋愛遊牧民R+」「恋愛遊牧民G」「ファンタジー・サーチ」を、ご利用頂きありがとうございます。

「弱虫ペダル」のアニメ版では、自転車のメーカー名が多少いじくられている為、原作版で確認する事にしました。
小野田 坂道:BMC
今泉 俊輔:スコット
鳴子 章吉:ピナレロ
手嶋 純太:キャノンデール
青八木 一:コラテック
金城 真護:トレック
田所 迅:スペシャライズド
巻島 裕介:タイム
真波 山岳:ルック
福富 寿一:ジャイアント
荒北 靖友:ビアンキ
東堂 尽八:リドレー
新開 隼人:サーヴェロ
泉田 塔一郎:BH
御堂筋 翔:デ・ローザ
と、主要キャラ使用バイクは、メーカーがかぶってないどころか、聴いた事も無い名前ばかり…。
しかも、ロードバイクって結構高額だという事も知りました。
ちょっと、雲行きが怪しくなってきました。

そこで、総北と箱根の2チームに絞って、メーカーを総当たりすると、「ジャイアント」と「ビアンキ」には、「ママチャリ」系のブランドがある事が分かりました。
「ジャイアント」は台湾の「ビアンキ」はイタリアのメーカーと言うのも知りました。
両メーカーの自転車を比べると、車ほど明らかなデザインの違いは無いように見えて、受け取る印象は随分違うんです。
やっぱり、ヨーロッパ車は何処か洗練されていて、オシャレですね。

「ママチャリ」に性能はそれほど求めても仕方がないので、デザイン重視という事にし、「ビアンキ」から購入できないかを検討する事にしました。

つづく
いつも「恋愛遊牧民R+」「恋愛遊牧民G」「ファンタジー・サーチ」を、ご利用頂きありがとうございます。

そんな事を、つらつらと相方に話したところ、『車を選ぶのと、自転車を選ぶのは似ている。』と言うのです。
曰く、国産車を買えば、種類や機能も充実した中から、予算や目的にあったものが選べます。
でも、外車だとそうはいきません。
種類や機能を優先して選べば、1.5~2倍の予算が必要です。
それは、自転車でも同じだと言うのです。
ただ、国産車は有能だが、よく見かける・没個性的である事は、否定できない。
昨今の国産自転車にある、自動点灯やチェーンレスなどの機能は、外国自転車には先ずありません。
同じ程度の機能を求めると、オプションとして後付する必要があります。
その分は、余計にお金がかかると…。
まして、「弱虫ペダル」で使用されているメーカーは、ほとんどが外国メーカーなのだから、それは覚悟が必要だと。
それでもいいんだったら、調べてみれば?…と。

そこで、ホームセンターと御用達の自転車屋さんに行ってみました。
うん、外国自転車は、1台も有りませんでした。
車と一緒で、専門店じゃないとダメなようです。

つづく



いつも「恋愛遊牧民R+」「恋愛遊牧民G」「ファンタジー・サーチ」を、ご利用頂きありがとうございます。

メルマガにもちょっと書きましたが、今春、自転車の買い替えをする事にしました。
と、言うのも、基は「弱虫ペダル」を見たり・読んだりしたのがきっかけです。

あのアニメ・漫画は、なんだか自転車に乗りたくなるのですよ。
折しも、エコ通勤とかエコショッピングだとかで、自転車が見直されていますし…ね。
まあ、けれども、私には「ロードバイク」とか「クロスバイク」をこぐようなスキルや根性はありません。
スーパーや銀行に行くのに乗りたいのですし…。
ここは、気持ちだけサイクリストになって「ママチャリ」を、購入しようと思いました。

でも、自転車メーカーだけでも、「弱虫ペダル」にあやかりたいのが、本音です。
できれば、ホームセンターの無名ブランド車は、避けたい。
それに、以前、家族の自転車を専門店で購入した折に、店主のおじさんに『ホームセンターの自転車は、車体の金属厚みや組み立てが値段に相応なので、命を預ける乗り物としては、お薦めしない。』と言われました。
そんな訳で、先ずは自転車専門店での購入を決意した次第です。

つづく。

Copyright c 恋愛遊牧民G/恋愛遊牧民R+/ファンタジー・サーチ:管理ブログ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]